冬至

12/22は冬至でした。

ユズ湯に入ったり、冬至カボチャを

食べたりした方も多いのではないで

しょうか。


一年で最も昼が短い日で、東洋哲学に

おいては陰の極みといわれ、陰陽の陰

が増長し陽が衰退する季節から、陽が

勢力を伸ばし始める転換点となる重要

な節目でした。


陰と陽はどちらが良いとか悪いとかは

ありませんが、人間は昼行性の動物で

あり、日光が脳の健康に不可欠である

ことなどから、これから昼が少しずつ

長くなると思うと、なんとなく安心や

希望を感じるかもしれません。


二十四節気では1/4までが冬至の期間

になりますので、昼間しっかり日光を

浴びて、身体を冷やさないように注意

し、夜は早めに就寝して、体内の陰陽

のバランスを損なわないように過ごし

ていきましょう。


さて、今年も残りわずかです。


当院は、12/31から1/3までお休みを

いただきます。

宜しくお願い申し上げます。


コロナウイルス感染症も新しい変異株

が不穏な動きをみせていますが、なん

とか大事に至らずに収束しないものか

と、願わずにはいられません。


テレワークを求められたり出社を求め

られたり、生活が落ち着かなかったと

いう方もいらっしゃったのではないで

しょうか。

行動自粛もストレスですが、自粛から

の活動再開、対面コミュニケーション

の再開なども、人によってはストレス

になるかもしれません。


せめてウィズコロナを契機に、個性に

合った多様な働き方がどんどん可能に

なるといいのですが。


新しい年が、皆さまにとって健康で心

穏やかに過ごせる一年になりますよう

お祈り申し上げます。

星空散歩治療院 冬至





特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索