細胞の生まれ替わり

人体を構成する細胞は絶えず新陳代謝を

行なっています。

 

不要になった細胞は死んで、新たに分裂

した細胞が入れ替わります。

 

例えば皮膚の細胞は、20代では約28日

周期で入れ替わっているといわれます。

 

各組織の細胞更新速度には違いがあり、

 

胃腸の粘膜:3~5日

筋肉・肝臓:60日~1年

赤血球:120日

脳:成長期が終わると更新されない

心臓:50年で3割の細胞が更新される

などといわれています。


細胞の種類によって生まれ変わる速さは

大きく違い、脳や心臓では入れ替わらな

い細胞もあるようです。

 

ただ、多くの細胞は、生きている以上

絶え間なく、少しずつ生まれ変わってい

るのですね。

 

この細胞更新速度には諸説あります。

以前は人体の細胞の数は約60兆といわれ

ていたのですが、現在では約37兆に訂正

されています。

同じように、科学の進歩とともに細胞更

新速度の情報も訂正される可能性があり

ます。

 

筋肉や内臓を大きく傷めてしまったとき

完全に回復するまでに数年かかる場合も

あるだろうと思います。

 

また、体質を変えたいと思って、運動を

始めたり、食生活を改善し始める方も

いらっしゃると思います。

 

一般的に、短期間の不調には短期間の

養生で改善が見込めますが、長期にわた

る体質の改善には、年単位の養生が必要

です。

 

おそらく更新速度が遅い細胞の入れ替わ

りを、根気よく待つ必要があるのでしょ

う。

 

それでも、睡眠・食事・運動を始めとす

る養生を続ければ、新しい細胞は万全の

機能を持つ質の良いものになるのではな

いでしょうか。

 

難治性の疾患にお悩みの方は、体質改善

のための長い養生生活の途中で、挫けそ

うになることもあるかもしれません。

 

でも、毎日確実に少しずつ身体は生まれ

変わっていると思えば、停滞感が軽減さ

れないでしょうか。

 

養生を続けて少しずつでも健康に近づい

ていきましょう。

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ