口の乾き

ドライマウスという症状があります。

なんらかの原因で唾液の分泌量が減って

しまい、喉の渇き、飲み込みづらさ、

喋りづらさ、味覚の異常、虫歯、口臭

などの原因にもなります。

唾液には消化作用や抗菌作用、歯の健康

を保つ作用など重要な役割がありますの

で、ドライマウスの影響は多岐にわたる

のです。

原因もさまざまで、ホルモンや自律神経

のバランスの失調、強いストレス、喫煙、

薬の副作用、病気などのため、唾液の

分泌が阻害されている可能性があります。

対処法としては、食べ物をよく噛んで

唾液の分泌を促すとか、規則正しい生活

をする、ストレスの解消を試みる、など

があります。

なんらかの疾患が原因となっているケー

スを除外するため、もしつらい症状が

おありになるようでしたら、いちど病院

を受診されることをお勧めいたします。

ドライマウスの治療は、歯科で受けられ

ますよ。

東洋医学にも口乾という症状があります。

口が渇くが、一度に少量の水分しか摂れ

ないため、何度かに分けて摂るという

場合には、陰虚証(潤い不足)を疑い

ます。

水を飲むよりも、柑橘類の果実や、梨、

蓮根、白きくらげ、豆乳などから潤いを

摂取するのがお勧めです。

口が渇いて水を飲んだあと、胃がムカム

カしたり、お腹からポチャポチャ音が

する場合には、痰飲証(体液の巡りの

悪さ)を疑います。

暴飲暴食、脂っこいもの、味の濃いもの

の過食をひかえ、しばらくは野菜中心の

淡白な食事にしてみてください。

口が渇くが、水は飲みたくない場合は、

血瘀証(血の巡りの悪さ)かもしれませ

ん。

玉ネギ、ニンニク、ラッキョウ、シナモ

ン、紅花、酢などを食事に加え、温かい

ものを召し上がってください。

そのほかにも色々な原因が考えられます。

ドライマウスは身体や精神からのSOS

かもしれません。

無理はされていないでしょうか?

日々お忙しく過ごしていらっしゃるかも

しれませんが、すこしお身体とも向き合

ってみてください。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now