五臓③ 脾

脾胃は倉廩の官といわれています。

倉廩とは穀物を蓄えておく倉のことです。

 

五行説で土に配当されている脾と胃は

臓と腑として多くの部分で共同作業を

行っていますので、脾単独ではなく

”脾胃”と表記されることも多いです。

 

何度かご紹介していますが、東洋医学で

脾といった場合は消化器系のことだと

思ってください。

 

現代医学での脾臓は左上腹部に位置し

老化した赤血球の破壊・除去や免疫に

関与するまったく別の臓器です。

脾という漢字が伝来したとき、意味が

取り違えられてしまったらしいです。

 

脾の主な生理作用は

「運化をつかさどる」

「昇をつかさどる」

「生血する」

「統血する」

などです。

 

運化とは食物を消化して栄養に変化させ

身体のあちこちに運ぶ役割です。

 

また、脾は水分の運化も行っています。

脾の不調は湿気の害に直結しており、

雨の季節→胃腸を守ることが養生になる、

むくみがひどい→お腹の調子を整える

必要がある、などと考えるのは東洋医学

ではよくあることです。

 

昇とは身体の下部に溜まりやすい体液を

よく循環させて上に持ち上げたり、

内臓が下がって胃下垂や脱肛などが

起こらないように位置を固定させておく

働きです。

 

脾は気や血を生成するうえで主要な役割

を果たし”気血生化の源”といわれます。

 

また統血とは、血が血管の外に漏れない

ようにする作用です。

 

食欲不振やお腹の張り、水っぽい下痢、

むくみや内臓下垂、内出血しやすい体質

や月経過多の方は脾を補う必要がある

かもしれません。

 

冷たいものや生もの、味の濃いものや

油っぽいものの摂り過ぎを避けたり、

夕食と翌日の朝食の間を12時間くらい

あけると脾胃が休まり養生になります。

 

腎の不調は腰下肢のだるさとして現れる

ことがありますが、脾の不調は四肢の

だるさとして現れたりします。

脚だけでなく腕も重だるいときはお腹の

調子に気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

January 28, 2020

January 21, 2020

January 6, 2020

December 30, 2019

December 23, 2019

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索