バラと女性ホルモン

バラの花が満開を迎えていますね。

 

治療院の近所の本郷給水所公苑でも、

バラ園が見ごろです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤、白、黄、紫など、様々な色と品種が

あって見飽きません。

そして、屋外なのに独特の芳香が立ち

こめています。

 

バラの香りといえば、香水や芳香剤、ア

ロマオイルなどとして、広く使われてい

ますね。

 

クレオパトラがバラ風呂でその美しさを

保っていたという逸話がありますが、

バラは紀元前から人類の歴史に登場して

様々な利用のされ方をしていたようです。

 

バラにはいろいろな薬効が発見されて

いるのです。

 

香りにはリラックス効果や安眠効果があ

り、身体の緊張が緩むことで、特に女性

ホルモンのバランスが整い、それが美肌

にもつながると考えられています。

 

また、花びらをローズシロップやローズ

ウォーターにして食用にすることもあり

ます。

これらには、整腸剤や目薬、消毒薬など

として使われていた歴史があるそうです。

ハーブティーに使えば、口臭や体臭を抑

える効果や、女性ホルモンの働きを助け

る効果などが見込めるといわれています。

 

薬膳では、マイカイカのお茶が有名です。

マイカイカとは、バラ科のハマナスの花

のつぼみを乾燥させたものです。

 

このお茶には気と血の巡りを良くする

作用があり、イライラした気分を落ち

着かせたり、生理痛や生理不順、更年期

の症状などに効果を発揮します。

 

妊婦さんは摂らないほうがよい食品です

ので、ご注意ください。

 

バラの花は、お部屋に活けただけで優雅

な気分になりそうですね。

 

ホルモンバランスが乱れがちな方、リラ

ックスした時間が欲しい方は、バラを利

用してみるのはいかがでしょうか。

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ