風疹と母子感染症

風疹の流行が続いていますね。

風疹は、ウイルスに感染したことにより、

発熱、発疹、リンパ節の腫れなどの症状

が出る病気です。

カゼのような症状に加え、耳の後ろや首、

後頭部などのリンパ節が腫れたり、赤く

隆起した小さな発疹が、身体のどこかに

あらわれたりしたら、すぐに病院に行き

ましょう。

唾液の飛沫で感染するので、マスクの

着用や手洗いも必須です。

ニュースなどで報道されている通り、

妊婦さんが風疹のウイルスに感染すると、

生まれてくる赤ちゃんに、心臓病や難聴

などの障害が出る恐れがあります。

とはいえ、風疹のウイルスが感染してか

ら症状が出るまでの潜伏期間は2~3週

間もあり、その間ほかの人にうつさない

ことは難しいといわれています。

そのため予防接種が重要視されているの

ですね。

女性は妊娠前に2回、ワクチンの接種を

受けておくこと、妊婦さんのご家族など、

周囲の方も予防接種を受けておくことが

推奨されています。

抗体を持つ割合が低いといわれる、39歳

~56歳の男性の抗体検査と予防接種の

費用が、来年から無料化される案が検討

されているそうです。

社会の問題として、関心を持って情報を

追っていきたいと思います。

母子感染症のことですが、風疹以外にも

母子感染する病原体はたくさんあり、

総称してTORCH(トーチ)症候群とも

いわれます。

T=Toxoplasma gondii トキソプラズマ

O=others その他 梅毒、B型肝炎など

R=Rubella virus  風疹

C=Cytomegalovirus サイトメガロウイルス

H=Herpes simplex virus 単純ヘルペス

トキソプラズマの場合、妊婦さんの土い

じりや、肉の生食がリスクになります。

知らなかったばかりに…と、のちのち

後悔することのないように、これから

お子さんを希望されるご夫婦は、母子

感染症について知識を入れておいた方

がいいと思います。

社会としても、知識が普及することで

母子感染症を減らしていけたらいいで

すね。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now