梅雨入り間近です

雨の日が多くなってきましたね。

関東も梅雨入りが間近のようです。

 

雨の日や強風の日に、顕著に体調が悪く

なるという方は多いものです。

梅雨が近づき、憂鬱な方も多いのでは

ないでしょうか。

 

気温や湿度、気圧などが変化しても、

人体の内部の環境は、おおむね一定に

保たれなくてはいけません。

そのため自律神経系や内分泌系などが

はたらき、発汗や代謝、浸透圧などを

変化させて対応しています。

 

異常気象であれば体調を崩す人が増える

のも致し方ありませんが、梅雨は日本の

季節のひとつであり、例年のものです。

健康であれば、日本人はそれを問題なく

乗り切ることができるはずです。

 

雨の時期に顕著に体調が低下するという

方は、まずは日常生活を見直してみてく

ださい。

・睡眠が不足していないか

・過労に陥っていないか

・栄養が不足していないか

・糖や油を摂りすぎていないか

・塩分を摂りすぎていないか

・冷たい飲食物を摂りすぎていないか

・運動が不足していないか

・日光に当たっているか  など

 

疲労が強い方は、もちろん身体の調整機

能も低下していることが考えられます。

 

また、アレルギー疾患や、リウマチなど

の自己免疫疾患をお持ちの方は、梅雨の

時期に症状が悪化するケースがあると、

いわれています。

 

季節に先がけた養生でお身体への負担を

抑え、ぜひ梅雨までに、体調を少しでも

整えておきましょう。

 

東洋医学的には、湿気の害が強い季節に

は、身体の水はけを良くすることを考え

ます。

身体の水はけを良くするためには、胃腸

の調子を良くすることが常套手段となり

ます。

頭痛や頭重、めまい、全身の重だるさ

などの症状の改善にも、胃腸を良くする

ことが必要になります。

 

まずは必要な栄養をしっかりと摂り、

胃腸に負担をかけるような飲食は控える

ことです。

加えて、湿気を体外に出す作用を持つ食

材というものがあり、豆類やトウモロコ

シ、ハトムギなどが該当します。

興味のある方は活用してみてください。

「痰湿 薬膳」などのワードで検索する

と他にもたくさん食材が出てきますよ。

 

熱中症対策に水分を摂ることは必要です

が、摂りすぎると胃腸に負担がかかり、

湿気の害を招くことになります。

舌を鏡で見て、ボッテリと分厚くむくみ

舌のふちに歯形がついている方は、すこ

し水分の量を控えたほうがいいかもしれ

ません。

 

運動や入浴で軽く汗をかくのは、湿気を

排出するのに効果的です。

暑くても短時間お風呂に浸かったほうが

お身体がスッキリしますよ。

 

新しい日常のなか、ぜひご自分でできる

養生を試してみてください。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

August 7, 2020

July 29, 2020

July 21, 2020

June 17, 2020

June 9, 2020

Please reload

アーカイブ