ヒートショック

東京もだいぶ寒くなってきましたね。

暖房を入れ始めた方も多いのではないで

しょうか。

毎年これくらいの時期から、ニュース

番組などでヒートショックに対する注意

喚起が増えてきます。

ヒートショックとは、温度差が急激な

血圧の変化を引き起こして身体に悪影響

を及ぼすことで、失神や脳梗塞、心筋梗

塞などの引き金にもなります。

ヒートショックのために亡くなる方は

年間1万7千人といわれており、交通事

故で亡くなる方の4倍以上の人数です。

自分だけは大丈夫…と思わずに、冬場に

急増するヒートショックを、未然に防い

でいきたいものです。

よく指摘される事例といえば、入浴時に

発症するケースです。

暖かい室内から、裸の状態で寒いお風呂

場へ行くと、血管が収縮し、血圧が上昇

します。

温かい湯船につかると血管が拡張し、

血圧は低下します。

入浴後、寒い脱衣所に出るとまた血圧が

上昇します。

このように血圧が乱高下すると、心臓に

負担がかかったり、脳の血流の変化から

意識を失う可能性があります。

転倒からの頭部打撲や、入浴中に溺れる

など、命の危険に直結するのです。

高齢の方、高血圧の方、血圧が不安定な

方、血管や心臓、脳に疾患がある方など

は、特に注意が必要です。

可能であれば、浴室や脱衣所、トイレ

などにも暖房を入れて、温度差を小さく

してみてください。

そのほかにも、ご家族に一声かけてから

お風呂に入るようにする、お湯の温度を

低めに設定する、長風呂を避ける、夕方

早めに入浴する、などの対策が推奨され

ています。

ぜひ実践なさってみてください。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now