鵞足炎

明後日・1/23(水)19:30からのNHK 

『ガッテン!』で、はり治療が特集され

るそうです。

このところ(なぜか)東洋医学がメディ

アで取り上げられることが増えています。

もしお時間がありましたら、ぜひご覧に

なってみてください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

膝の内側が痛むという方は多いものです。

心配に思って整形外科でレントゲンを

撮っても、軟骨のすり減りは軽度である

という診断を受けることがあります。

その場合の膝の痛みは、変形性膝関節症

ではなく、鵞足炎(がそくえん)かもし

れません。

星空散歩治療院 鵞足炎

ふとももの内側には薄筋・縫工筋・半腱

様筋という3本の筋肉があり、膝の内側

の同じ場所にくっついています。

星空散歩治療院 鵞足炎

その形状が、ガチョウの足のように見え

るので鵞足(がそく)といわれています。

鵞足の部分には、これらの筋肉の腱や、

膝を安定させるための靭帯、衝撃を吸収

するための滑液包(液体が入った袋)な

どがあります。

繰り返し膝を曲げ伸ばす負荷で、靭帯と

腱がこすれ、腱や滑液包に炎症が起こる

と、痛みや腫れがあらわれます。

とくに、X脚や足首が内股になっている

方は膝内側に負荷がかかりやすく、鵞足

炎が起こりやすいといわれています。

熱感や腫れがみられるときは、氷嚢など

で冷やし、湿布薬を貼るのも効果的です。

階段で痛むことが多いので、炎症がある

ときは無理をしないようにしてください。

熱感や腫れがなくなったら、少しずつ、

ふとももの後ろや内側の筋肉をストレッ

チしてみてください。

参照:https://www.youtube.com/watch?v=uT0qdiElLw0

また、歩くときに足のつま先が内側や

外側に入らず、まっすぐ前を向くように

気をつけてみてください。

ストレッチすると痛むため、出来ないと

いうときは、マッサージや鍼灸で、まず

脚の筋肉を緩めますので、お気軽にご

相談ください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索