梨状筋症候群

お尻のあたりの痛み、脚のうしろ側の

違和感やしびれでお悩みではありません

か?

 

これらは坐骨神経痛の典型的な症状です。

 

病院でレントゲンを撮っても問題が発見

されなかったケースでは、梨状筋という

筋肉が神経痛の原因になっているかもし

れません。

 

梨状筋はお尻の深いところにある筋肉で

足のつま先を外側に向ける運動(股関節

の外旋)に関与しています。

 

坐骨神経の通り道には個人差があります

が、この梨状筋を貫いたり、挟まれたり

したのちに脚の方に降りていくルートを

とっている場合があります。

 

梨状筋が硬くなって柔軟性が失われて

いると、この部位で坐骨神経を締めつけ

てしまい、痛みやしびれの原因となる

ことがあるのです。

 

この疾患には、鍼治療が効果的です。

 

マッサージや指圧も有効ですが、臀部は

脂肪や筋肉の層が厚いため、奥まで届く

鍼のほうが、梨状筋に対して、よりダイ

レクトに刺激を入れることができ、筋肉

が緩みやすいと思います。

 

骨盤の歪みがあるときは、鍼治療にプラ

スして歪みの調整もすると、治療効果が

高まります。

 

神経痛が緩和したあとは、梨状筋を含む

臀部の筋肉が再び血行不良とならない

ように、ストレッチや軽い運動の習慣を

つけられますようお勧めいたします。

 

坐骨神経痛のため病院に行き、医師に

「骨には異常ないね…」と言われ、

シップと痛み止めの薬でやり過ごして

いる方がいらっしゃいましたら、一度

鍼灸治療をお試しになってみませんか。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ