腰椎分離・すべり症

腰痛で整形外科を受診すると、レントゲ

ンを撮った結果、腰椎分離症とかすべり

症と診断されることがあります。

 

腰椎分離・すべり症は、お子さんの頃

から激しいスポーツをされてきた方に

多い疾患で、スポーツ選手の3~4割に

みられるといわれています。

 

ジャンプの衝撃や、腰を回す動作などの

負荷が、繰り返し成長期の腰椎に加わる

ことで、腰椎のうしろの部分に亀裂が入

り、骨が2つに分かれてしまったものを

分離症といいます。

 

分離した骨の前方部分が、前側にすべっ

て移動すると、すべり症といわれます。

 

すべり症の方の腰骨の上を触ると、階段

状にでこぼこしているように感じられる

ので、階段変形といったりもします。

 

骨が分離するということで、大ケガの

ように感じられるかもしれませんが、

腰痛などの症状が全く出ない方も多く

いらっしゃいます。

 

腰の反りが強くなる傾向がありますので、

姿勢保持のために筋肉が疲労しやすくな

る、ということはあるだろうと思います。

 

強い神経痛が出たりしなければ手術の

適応になることは希で、不安定な背骨を

支えるための筋肉を強化する、運動療法

を勧められることが多いようです。

 

鍼灸やマッサージで分離した腰椎を戻す

ことはできませんが、負担の増した筋肉

が発する痛みを除くことはできます。

 

腰椎分離・すべり症と診断されて、絶望

的な気分に陥っている方がいらっしゃい

ましたら、鍼灸やマッサージでまず腰痛

を緩和し、その上で適切な運動療法をお

試しになってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ