初夏の養生

立夏を過ぎ、30℃近くまで気温が上が

る日も出てきました。

 

これから梅雨~夏を迎えるわけですが、

毎年、暑くなって湿度が上がってくると

体調が悪いな…という方もいらっしゃる

と思います。

 

今の時期から季節先どりの養生をして、

元気に過ごしていきましょう。

 

東洋医学では、消化器系のことを“脾胃”

といいます。

気・血・水などの生きていくのに必要な

物質を、飲食物から生成して他の臓腑に

届け、また体内の水分が滞りなく巡るよ

うに管理しています。

 

この脾胃は、湿気に弱いという特徴が

あるのですが、逆に、脾胃が万全な状態

であれば、蒸し暑さに負けず、エネルギ

ーが高い状態で過ごすことができます。

 

梅雨から夏の時期にバテてしまいやすい

方は、胃腸に負担をかけない生活をする

と養生になりますよ。

 

①冷たい飲食物を摂りすぎない

 

ビールやアイスなどが美味しい季節です

が、胃腸を冷やすと必ず機能が低下しま

す。ビールを飲むときは温かい惣菜をお

つまみにする、アイスを食べるときは飲

み物を温かいものにするなどして、バラ

ンスを取りましょう。

 

②水分の摂りすぎに注意する

 

熱中症への警戒から、ひっきりなしに

水分を摂ろうとする方がおられます。

涼しい室内にいて、汗をたくさんかく

状況にない場合は、普段どおりの水分の

摂り方で十分です。

水分を摂りすぎてお腹が膨れてしまうと

脾胃に負担がかかって、食欲が落ちてし

まいます。

適切な水分摂取を心がけてください。

 

③暴飲暴食を避ける

④遅い時間の食事を避ける

 

今の時期に胃腸の調子を落としてしまう

と、夏バテのリスクが高まります。

普段から胃痛、胃もたれ、便秘、下痢

などになりやすい方は、節制してみてく

ださい。

 

⑤旬の食材を利用する

 

トウモロコシや枝豆は、身体にたまった

余分な湿気を排出してくれる働きがあり

ます。湿度が高い日に身体が重だるく感

じたときなどにお薦めです。

 

夏野菜のトマトやキュウリ、ゴーヤなど

は、身体を潤し、余分な熱を冷ます働き

があります。

冷たいものを摂ったり、水をガブ飲みす

るよりも、夏野菜を取り入れてみてくだ

さい。

 

カツオやタコは、気や血を補って疲労回

復に役立ちます。

暑さに負けそうなときにお薦めです。

 

長い歴史がある東洋医学の知識を味方に

つけて、梅雨から夏の季節をどうぞ健康

にお過ごしください。

 

 

Please reload

特集記事

新型ウイルス②

February 29, 2020

1/1
Please reload

最新記事

March 27, 2020

March 14, 2020

February 29, 2020

February 22, 2020

February 10, 2020

February 4, 2020

January 28, 2020

January 21, 2020

Please reload

アーカイブ