ほてり

ほてりとは、熱っぽく感じても体温は

ほぼ平熱と変わらないもので、鬱熱(う

つねつ)とも呼ばれます。

 

更年期の症状で、ホットフラッシュとい

われるほてりは有名ですね。

 

これは顔や頭など、胸から上の部位に

ほてり感があらわれることが多く、発汗

や動悸をともなうこともあります。

 

ホットフラッシュの原因ははっきりとは

わかっていないようですが、卵巣で生成

されるエストロゲンというホルモンの

減少によって、血管の収縮や拡張を制御

している自律神経が乱れるためではない

かといわれています。

 

エストロゲンと分子構造が似ている大豆

イソフラボンの摂取が、ホットフラッシ

ュをはじめとする更年期の症状に有効で

あるという研究結果があり、サプリメン

トなども発売されているようですね。

 

ただし、ホルモンバランスの変化以外の

原因でほてりが出ている可能性もありま

す。

自律神経失調症や、甲状腺機能亢進症な

どの疾患が疑われるケースもあるのです。

 

年齢的に更年期の症状ではないかと思わ

れる方も、疾患の可能性を除外しておい

たほうが安全だと思いますので、一度

婦人科などを受診されてみてはいかがで

しょうか。

 

東洋医学的にも、ほてりは様々な原因で

発症します。

 

陰虚(潤い不足)

瘀血(血の巡りの悪さ)

肝鬱化火(ストレス・気の巡りの失調)

気虚発熱(疲れ・虚弱・気の不足)

など

 

陰虚は身体を潤す体液が不足している

状態で、ほてりは両てのひら、両足の

うら、心臓のあたりに感じることが多い

です。

口の乾きや頬の赤み、寝汗や不眠をとも

なうことがあります。

無理に水を飲もうとするのではなく、

甘酸っぱい果物を積極的に摂り、辛い

食べ物やたくさん汗をかく運動は避けま

しょう。

 

てのひらや足のうらがほてり、胸はほて

らない場合は、疲れ過ぎや、胃腸の調子

が低下していることのあらわれかもしれ

ません。

食後すぐに眠くなったり、だるさを感じ

たり、便がゆるくなったりしていないで

しょうか。

暴飲暴食を避け、しばらく消化の良いも

のを召し上がってください。

 

イライラや緊張のために”肝”の気の巡り

が失調し、熱を帯びるタイプのほてりは

顔や頭など、身体の上部にあらわれる

ことが多いです。

香草類や柑橘類などの香りの良い食材を

取り入れて、気晴らしやストレス解消を

してください。

 

東洋医学的なほてりは、もちろん鍼灸

治療でも対処可能です。

お困りの方はお気軽にご相談ください。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ