花粉症対策を始めましょう

今年は記録的な暖冬だそうです。

 

冷え症やカゼをひきやすい体質の方には

過ごしやすいかもしれませんが、花粉症

の症状も前倒しで現れるのではないかと

予想されています。

 

毎年、春のアレルギー症状に悩まされて

いる方は、いまの時期から養生して症状

の緩和を目指しましょう。

 

・過労に陥らないように十分休養をとる

・可能な限りストレスを回避する

・お酒の飲み過ぎを控える

・脂っこい食事の摂り過ぎを控える

・甘いものの摂り過ぎを控える

・冷たい飲食物などで身体を冷やさない

 ようにする

・食物繊維や発酵食品を積極的に摂り

 腸内環境を良くしておく

 

花粉症を含むアレルギー疾患は、免疫シ

ステムの過剰反応であるといわれます。

免疫系統は脳や血液、腸や副腎など多く

の器官が連携して営まれています。

 

花粉症も目や鼻、皮膚の疾患ではなく、

全身の問題に端を発する症状です。

 

そのため、睡眠や食事、気晴らし、排便

などの基本的な養生をこなして全体的に

ベストな体調に近づけておくことが症状

の緩和につながると考えられるのです。

 

東洋医学的には、身体の表面を覆ってバ

リアのように守っている“気”である『衛

気(えき)』を強化することが、花粉症

対策として効果的だと考えます。

 

また、身体に不要な水が停滞しやすい

体質の人も花粉症になりやすいと考えら

れています。

 

豆類、ハトムギ、人参、ブロッコリー、

雑穀類、昆布、里芋、蓮根などを食事に

取り入れてみてください。

 

また最近の研究で、オメガ3脂肪酸を

含む食品をバランスよく摂ると、アレル

ギー症状の緩和に有効なのではないかと

考えられるようになりました。

肉食が多い方は、魚介類やクルミなどを

摂ってみるといいかもしれません。

 

いずれにしても体質が変化するのには

時間がかかりますので、早め早めに養生

していきましょう。

 

 

Please reload

特集記事

新型ウイルス②

February 29, 2020

1/1
Please reload

最新記事

March 27, 2020

March 14, 2020

February 29, 2020

February 22, 2020

February 10, 2020

February 4, 2020

January 28, 2020

January 21, 2020

Please reload

アーカイブ