関元の効能

今日は本当に寒いですね。

東京は現在5℃、雨が降ってきました。

 

夜半から雪に変わる地域もありそうです

ので、暖房を入れて、暖かくしてお過ご

しください。

 

ツボの効能シリーズ、今回は冷え症にも

効果的な関元(かんげん)のご紹介です。

 

関元は、奇経八脈のひとつ、任脈に属す

る経穴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おへそから指4本束ねた距離、真下に

ありますよ。

 

関元は”臍下丹田(せいかたんでん)”と

いわれることもあります。

丹田は昔から身体の中心とか、気が集ま

る場所と考えられており、武道や舞踊、

和装での所作など、様々な場面で重要視

されてきました。

 

そのため多くの、丹田を鍛える方法や、

呼吸によって丹田にうまく気を取り込む

養生法などが発明されています。

 

丹田の部位にちゃんと力が入るようにな

ると、結果的に身体の均整が整い、自律

神経やホルモンバランスなども乱れづら

くなるものです。

 

医学以外の分野でも、古来より関元の

重要性は知られていたのですね。

 

東洋医学においては、関元は陰陽の”陽”

を補い、腰から下の冷えを解消する作用

があります。

 

また、人の成長発育・生殖などに必要な

”精”という物質を活性化させる作用が

あるため、不妊症や、様々な婦人科疾患、

男性のインポテンツなどにもよく使用さ

れています。

 

この関元の場所で、足の少陰腎経、足の

厥陰肝経、足の太陰脾経という3本の経

脈が交差しますので、関元穴の効能は、

泌尿生殖器系、消化器系、気や血の巡り

に関することなど、幅広い範囲に及びま

す。

 

下半身が冷えるという方、月経不順や

不妊症、生理痛などでお悩みの方、無気

力、体質が虚弱、便秘や下痢などの症状

がおありの方は、関元穴を温めてみて

ください。

 

市販のお灸を使われてもいいですし、

カイロを当ててもいいですし、ペットボ

トルにお湯を入れて、タオルで巻いて当

てても良いと思います。

いずれにしても火傷には十分お気をつけ

下さい。

 

関元を温めると、足指のほうまでじんわ

りと暖かくなってくると思います。

 

冬のあいだ、たびたび関元を温めて腎気

を補い続けると、春に活動するための

活力を蓄えることができますよ。

冬の養生としてもお薦めなので、症状の

ない方もお試しになってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

January 28, 2020

January 21, 2020

January 6, 2020

December 30, 2019

December 23, 2019

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索