膝の痛みについて

膝の痛みでお困りの方もたくさんいらっしゃ

います。

 

膝に水が溜まって病院で抜いてもらったとか

軟骨がすり減ってしまい人工関節に取り替え

たというお話は特に女性の患者様からお聴き

することが多いです。

 

膝の痛みの原因も様々で、軟骨がすり減って

炎症が起きやすい状態になる変形性膝関節症

の他にも、靭帯の損傷、筋力の低下、腰・股

関節・膝・足首などの関節のアンバランスさ、

冷えなど、多岐にわたっています。

 

軟骨のすり減りは30代くらいから始まると

いわれ、老化に伴う退行性変性の一種で、

誰もが避けられないものです。

進行には個人差が大きく、もともとの体質や

体重の増減、運動をしてきたかどうか、怪我

をしたことがあるか、好んで履く靴の種類、

どういった食事を摂ってきたかなど、いろい

ろな要因が関わってきます。

 

幼少期から運動をあまりして来ず、全身的に

筋力が弱い方は痩せていても関節への負担が

大きい傾向があります。

また激しいスポーツを長年されて来た方も、

よく気をつけてトレーニングしないと、その

スポーツ特有の身体の使い方に合わせて軟骨

が摩耗したり筋肉のつき方がアンバランスに

なってしまう可能性があります。

 

変形性膝関節症では膝の内側の軟骨がすり減

りやすいので、O脚になることが多く、同時

に腰も丸くなってしまうことが多いです。

ハイヒールを好んで履く方はX脚になりやす

いのですが、これは反り腰が強くなるのに伴

う関節同士の位置の変化です。

 

若いときから適度な運動とバランスのとれた

食事、無理のないファッションで膝の軟骨を

守っていきたいものです。

 

軟骨の変性が大きい場合でも、鍼灸で痛みの

緩和は可能です。

変性が軽度な場合は骨盤調整もお薦めです。

腰・股関節・膝・足首などの関係性を適正な

位置に直し、筋力が不足している部分のトレ

ーニングを指導いたします。

炎症が強く腫れている場合は、まず整形外科

を受診なさってください。

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

November 8, 2019

October 25, 2019

October 19, 2019

October 11, 2019

October 7, 2019

September 27, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索