肉離れ

肉離れという言葉は知っていても、実際

にはどのような症状を指すのか、わから

ない方もいらっしゃるかもしれません。

 

肉離れはケガです。

 

瞬発的な動作などで筋肉が強く収縮した

ときに、その負荷によって筋肉の一部が

損傷してしまった状態です。

 

ランニング中や、ジャンプしたとき、

急に方向転換したときや、ダッシュしよ

うと筋肉に力を込めたときなどに起こり

やすいです。

 

太ももやふくらはぎの筋肉を傷めること

が多いですが、腹筋などが傷つくことも

あります。

 

スポーツ中だけでなく、電車に乗ろうと

小走りしたときなど、普段の生活のなか

で起こることもあります。

 

運動不足の方で、筋肉の柔軟性や筋力が

低下傾向にあるようでしたら、ちょっと

した動作の際にも注意が必要かもしれま

せん。

 

また、一度肉離れした箇所は、再度傷め

やすくなりますので、しっかり治して

リハビリも十分にする必要があります。

 

歩くのが困難なほど痛みがあるときは、

筋線維の断裂や、筋肉自体の部分断裂が

疑われます。

 

放っておくと内出血が広がり、みるみる

腫れてきますので、すぐに氷嚢などで

冷やし、可能であればテーピングや包帯

で圧迫、拳上し、安静に保ちます。

 

整形外科にいくと、抗炎症剤の処方や、

松葉杖のレンタルなどが、受けられると

思います。

 

マッサージや鍼灸は、炎症状態が落ち着

いてから、残りの痛みの除去や、筋肉の

リハビリに効果的です。

 

大きなケガをすると傷痕の部分が、瘢痕

組織という、血流が悪く柔軟性の乏しい

組織に置き換わってしまい、筋肉の運動

に支障を残すことがあります。

 

大きく瘢痕組織ができてしまった筋肉を

元に戻すのは、鍼灸をもってしても難し

く、リハビリに長期間費やすことになり

ます。

 

万一肉離れを起こしてしまったら、軽く

考えずに、すばやく冷やすなどの対策を

とり、まずは炎症を広げないようにして

くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※臨時休業のお知らせ

 

研修会参加のため、

8/1(水)は営業をお休みします。

8/2(木)、8/3(金)は夜19:00より
営業いたします。

 

代わりに、8/4(土)のご予約を受付けて

おります。

ご希望の方は、8/3(金)までにお電話で

ご予約くださいませ。

 

留守番電話に録音いただければ、折り返し

ご連絡いたします。

 

宜しくお願い申し上げます。

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ