top of page

東洋医学と人体

鍼灸師が東洋医学的な考え方に

基づいて治療をするとき、

まず人体を東洋医学的観点から

捉えなおさなければなりません。

「心臓」は皆さまご存じのとおり、

血液を全身に送り出すポンプの役割を

担う臓器ですが、東洋医学的には

精神機能全般もつかさどっています。

つまり「脳」みたいな役割もあると

考えられているわけです。

「肝臓」はアルコールを分解したり、

胆汁を生成したりと、さまざまな

化学反応が行われている臓器ですが、

東洋医学的には「のびのびとした気の巡り」

をつかさどる臓器であると考えます。

「脾臓」は東洋医学的には消化器系全般を

指す言葉だったりします。

東洋医学的な内臓は、わたしたちに

なじみ深い現代生理学の内臓とは違う、と

いうことなのですね。

ちょっと難しいでしょうか?

東洋医学と人体

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
bottom of page