坐骨神経痛について②

神経痛全般に言えることなのですが、

マッサージや指圧だけだと、症状改善まで

に治療期間や治療回数をかなり必要として

しまう印象があります。

 

もし怖くなければ、マッサージにプラスして

鍼や骨盤調整を試してみてください。

 

坐骨神経痛の原因となる患部は、背骨のわき

だったり、おしりの筋肉の深いところだったり

するので、深くまで届く鍼のほうが、患部に

ダイレクトに刺激を入れることができます。

 

ヘルニアが原因の場合は、その周囲の血行を

良くすることでヘルニアの縮小を目指します。

椎間板から飛び出した組織は、身体から異物と

認識されるので、白血球の貪食作用によって

掃除してもらえる可能性があるのです。

 

脊柱管狭窄症や腰椎分離すべり症など、腰の

骨がつぶれたり分離してしまったために神経に

触り、痛みが起こっているものは、手技療法

では根治が難しいかもしれません。

 

ただ、症状緩和は可能だと思います。

 

こういった症状を持つ多くの患者様は、痛みや

しびれのため、歩くのも辛くなり、なかなか

身体を動かす機会もありません。

患者様が感じている痛みやしびれのうちの

何割かは、神経痛ではなく運動不足が原因の

筋肉や関節由来の痛みなのです。

こういった痛みは治療を重ねるにつれて確実に

取れていきます。

 

「今日は天気がいいから散歩に行こうかな」

 

こんな風に思えるようになるまでは、治療を

頼ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ