冷え症

昨日は、東京都内で40℃を超えた地点

があったようです。

この暑さは、本当にいつまで続くので

しょうね。

 

熱中症対策のために「ためらわず」冷房

を使うことが推奨されています。

とはいえ、女性や年配の方などから、

冷房を入れると身体が冷えるという訴え

も、よくうかがいます。

 

温度設定の変更や、冷たい風がじかに

当たらないような工夫、ひざ掛けやカー

ディガンの使用などで、冷気から身体を

守りたいものです。

 

寒い場所に薄着でいて、身体の末端から

徐々に冷えてくるのは自然なことですが、

冷房の風に少しでも当たるとお腹が痛く

なったり、頭が痛くなったり、厚手の

上着を着ないとその場にいられないとい

うような方は冷え症かもしれません。

 

夏に屋外を歩いてもあまり汗をかかない

とか、室温が35℃を超えていても快適だ

と感じたり、逆に冬は全身にカイロを貼

って過ごさないと関節が冷えて痛む、

お風呂で温まってもすぐに冷えてしまう、

というような症状はないでしょうか。

 

冷えは血液循環が悪いとおこります。

血液は酸素や栄養分だけでなく、体温も

末端まで運んでいるからです。

 

血液の循環が悪くなる原因はさまざま

です。

・運動不足で筋肉量が少なく代謝が低い

・ストレスや緊張が強く血管が収縮傾向

・食生活の乱れや喫煙のため血液がドロ

ドロになっている

・自律神経失調症

・年齢にともなう毛細血管の減少 など

 

心当たりのある方は、ぜひ生活習慣や

体質の改善に取り組んでみてください。

 

冷えは万病のもと、といわれます。

冷え症を治すことは、将来病気になる

リスクを減らすことにつながります。

 

東洋医学では、陰陽の陽の気が不足して

いたり、気や血の巡りが悪くなっている

と、身体が冷えると考えられています。

 

陽気の不足を陽虚といいます。

冷えのほかに、疲れやすく元気がなかっ

たり、顔色が白っぽくなったりします。

気を補ったり、身体を温めることが治療

になります。

 

気の巡りの悪さを気滞、血の巡りの悪さ

を瘀血といいます。

冷えのほかに、頭痛や生理痛など、痛み

の症状もあるかもしれません。

顔色や舌がどす黒くなったりします。

巡りを改善させるツボに鍼をして治療

します。

 

養生としては、冷たい飲食物を避けたり、

冬の薄着や身体を締めつける衣類を避け

てみてください。

 

東洋医学では、生ものは身体を冷やすと

考えられています。

お刺身や生野菜のサラダの食べ過ぎは

控えた方がよさそうです。

ショウガやニンニク、ニラなど、身体を

温める食材はおすすめです。

 

冬の病は、夏に治せといいます。

冷え症の方は、いまから体質改善を頑張

ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ