日焼けと紫外線

まだしばらくは、晴れて暑い日が続き

そうです。

 

高温注意情報や、熱中症の集団発生も

連日報じられていますね。

適度な水分・ミネラル補給と冷房の使用

で、熱中症を予防していきましょう。

 

昨今の気候だと、外出時の紫外線対策も

必要かもしれません。

 

紫外線がシミ、シワ、乾燥などの原因に

なることは有名です。

美容に関心がなくとも、日焼けの水ぶく

れなどをみると、皮膚の健康に良くない

ことがわかります。

 

紫外線は、それ自体が細胞にダメージを

与えますが、さらに皮膚の内部に活性酸

素を発生させます。

 

活性酸素が細胞を酸化させると、皮膚

本来の正常な働きができなくなり、皮膚

が乾燥したり、雑菌の侵入を許したり、

物理的・化学的刺激に弱くなったりして

しまうのです。

 

紫外線は、波長によって3種類あります。

 

A波は、エネルギーはあまり強くありま

せんが、浸透性が高く、曇りの日やガラ

スごしであっても皮膚に届いています。

コラーゲンやエラスチン線維をつくる、

皮膚の奥の真皮にまで到達し、シミや

シワをつくります。

 

B波は、浸透性はA波ほどではありませ

んが、強いエネルギーを持っています。

皮膚が赤くなったり皮がむけたりという

日焼けの症状を引き起こします。

 

C波は、非常に強いエネルギーを持って

いますが、オゾン層で吸収され、地表に

は届かないとされています。

オゾンホール下の国では、皮膚ガンの

原因になるとして危険視されています。

 

日焼け止めの表示にある、『PA』は

紫外線A波を防ぐ指標、『SPF』は

B波を防ぐ指標です。

 

紫外線を浴びる強度によって、適切な

強さの日焼け止めを使い、A波、B波

とも防げるようにしたいものです。

 

また、帽子や日傘、サングラスなども

効果的です。

 

紫外線のダメージは、皮膚に蓄積して

いきます。

日焼け止めを塗るのは、なかなか面倒な

ものですが、これも現代の養生かもしれ

ません。

 

未来の皮膚トラブルを防ぐために、私も

気をつけようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

November 8, 2019

October 25, 2019

October 19, 2019

October 11, 2019

October 7, 2019

September 27, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索