忘年会シーズンですね

12月も半ばに差しかかり、忘年会などの

ご予定も多いのではないでしょうか。

 

寝ても疲れがとれない方

胃腸の具合が思わしくない方

カゼがなかなか治らない方

アレルギー症状が強めに出ている方

は、暴飲暴食しすぎないよう十分に

お気をつけください。

 

免疫力の8割は腸の状態で決まるとも

いわれます。

 

すでに自律神経や免疫のバランスが良く

ない状態で、さらに胃腸に負担をかけて

しまうと、本格的に体調を崩してしまう

可能性があります。

以下のような養生がお薦めですよ。

 

①胃腸を冷やさない

 飲み放題で冷たい飲みものばかりを

 頼まないようにする。

 お刺身やサラダなど生のものを食べ

 過ぎないようにする。

 温かい惣菜を食べながら飲む。

 

②お料理は味の濃いもの、脂っこい

 ものを控えめに

 脂質は消化に時間がかかります。

 

③楽しい話題でリラックスした状態で

 飲む

 緊張状態だと胃腸が動きません。

 

また、飲酒の翌日に胃がむかついたり、

食欲がないときは、無理に食べようとし

なくて大丈夫です。

食欲がないということは、胃腸の受け

入れ態勢が整っていないのだと解釈して

ください。

自然にお腹が空くまで待ってから、少し

ずつ食べ始めましょう。

 

東洋医学的には、胃腸は気血生化の源と

いわれ、飲食物からエネルギーを取り出

す重要な役割を担っている場所だと考え

られています。

胃腸の具合が悪くなると、全体的にエネ

ルギーが不足してしまうのです。

その結果、身体がだるく意欲が湧かない、

カゼを引きやすく治りづらいなどの症状

があらわれる可能性があります。

 

年末年始は忘年会だけでなく、帰省時

など、たくさん飲み食いする機会が多い

かもしれません。

 

養生で胃腸を健康に保ち、新しい年を

元気にお迎えください。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ