こんなときの養生

新型コロナウイルスに関して様々な問題

が噴出していますね。

仕事やお子さんへの対応が増えて、疲労

困憊している方が多いですし、先が見え

ないなかで、強い不安感やストレスに苛

まれている方も、確実に増えています。

春の寒暖差の影響も含めて、ウイルスに

感染せずとも、体調を崩す方が多くなる

のではないかと心配しています。

ニュースでは絶えず感染拡大の報道がな

されていますので、対策の最前線におら

れる方以外は、ストレスが強くなる前に

情報をすこし遮断して過ごすのも、よい

のかもしれません。

東洋医学的な養生としては、まずは睡眠

をしっかりととり、バランスの良い食事

から栄養を十分もらって、気(エネルギ

ー)を低下さないように気をつけます。

症状があるときには以下のような食材を

積極的に摂ります。

・疲労が強いときの薬膳食材

 雑穀類、山芋、豆類、キノコ類など

・ストレスが強いときの薬膳食材

 柑橘類、香草類、酸味のある味付け

 など

・不安感が強いときの薬膳食材

 ニンジン、ホウレンソウ、落花生、

 ナツメ、黒きくらげ、タコなど

一般的な養生としては、以下のような

ものがありますよ。

自宅から出ないようにされている方は、

運動不足解消のためにラジオ体操などを

して身体を伸ばしましょう。

空気がこもり過ぎないように、定期的に

お部屋の換気をしましょう。

晴れた日は、朝からよく日光浴をしてお

くと、夜に眠りやすくなりますよ。

屋外の散歩やランニングなども、リスク

は低いそうですのでお薦めです。

手洗いは、石鹸で30秒ほどしっかり洗え

ば、十分ウイルスを除去できるそうです。

手指のアルコール消毒は、皮膚を傷める

可能性が高まります。

手洗いのあとはクリームなどを使って、

しっかり保湿しましょう。

喉に付着したウイルスは、細胞に感染す

るまでに20分程度要するといわれます。

そのあいだにうがいをしたり、飲みもの

を飲んで胃のほうに流してやれば、感染

を予防できるそうです。

空気が悪いところでは、こまめに水分を

摂ってみましょう。

マスクが不足していますが、報道もされ

ているように、マスクでウイルス感染症

の予防はできないようです。

市販のマスクの繊維の密度よりも、ウイ

ルスのほうがだいぶ小さいためです。

咳やくしゃみの粒は大きいので、飛沫に

含まれるウイルスの拡散を防ぐことはで

きます。

咳やくしゃみが出る方、花粉症の方、医

療や介護従事者の方などに、優先的に使

っていただけるといいですね。

予防のために各自ができることをしっか

りとやったなら、あとは個人の裁量では

どうにもならない領域ですので、ある程

度達観して怖がり過ぎずに生活するしか

ないと思います。

助け合って乗り切りましょう。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now