貧血と血虚

めまいや立ちくらみ、動悸、息切れ、

顔面蒼白、疲れやすいなどの、貧血症状

を経験されたことのある方も多いのでは

ないでしょうか。

酸素を運搬する、赤血球や赤血球の中の

ヘモグロビンが、減少した状態を貧血と

いいます。

鉄分の不足が原因の、鉄欠乏性貧血が

有名ですが、骨髄の異常から貧血になる

再生不良性貧血や、葉酸やビタミンB12

の欠乏から貧血になる巨赤芽球性貧血、

スポーツ選手に起こることのある溶血性

貧血など、さまざまな種類があります。

女性は毎月の月経や、妊娠出産、授乳

などで血液を消費するため、普通に食事

を摂っているつもりでも、鉄欠乏性貧血

に傾いてしまうことがあります。

胃潰瘍や痔などから慢性的な出血がある

方は男女問わず注意が必要です。

ヘモグロビンの原料であるたんぱく質や

鉄分、鉄の吸収を助けるビタミンCなど

を食事からしっかり摂りましょう。

胃の病気のために、ビタミンなどの栄養

素が吸収されづらくなっている方は、

医師の指示に従ってくださいね。

東洋医学では血(ケツ)が不足している

状態を血虚(ケッキョ)といいます。

西洋医学の貧血とは、厳密にはイコール

ではありません。

血虚の症状は、貧血症状に加えて、肌の

乾燥、抜け毛、眼精疲労、不眠など、

多岐にわたります。

血虚の治療には、血虚の状態にある臓腑

の経穴や、”気血生化の源”といわれる

脾胃(消化器系)を元気にする経穴を

使っていきます。

養生としては、血を補う食品(レバー、

ニンジン、ホウレンソウ、小松菜、

赤身の肉、なつめ、など)を取り入れる

ほか、血は睡眠中に生成されると考え

られているので、夜更かしを避けて睡眠

を十分とってください。

異常な暑さが続いていますので、普段

から貧血気味の方はしっかり養生なさっ

て、夏バテを防いでくださいね。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now