食欲の異常

胃腸の丈夫さには個人差が大きいです。

 

食欲が旺盛で一度にたくさん食べられる

方もいれば、食欲はあってもすぐに胃が

苦しくなるため、少量ずつ何回かに分け

て食べる方もいらっしゃいます。

 

少食でも太りやすい方もいれば、大食漢

のわりに太れないという方もいます。

 

これらは遺伝による体質や、幼少期の

食生活なども関係しています。

 

成人してからの生活習慣で、朝食は摂ら

ないとか、炭水化物は摂らないとか、

一日一食にしているという方もいらっし

ゃいますね。

 

医療の立場から推奨したい飲食の習慣と

いうものはあるのですが、すべての人が

強制的に倣えばいいわけではありません。

 

まずはご自身のなかで、日々体調良く、

将来的にも健康で過ごせるような、

飲食の習慣を見つけてみてください。

 

そのなかで、いつもと比べて食欲がない

とか、なぜか食べ過ぎてしまうという

時期があると思います。

 

疲労、体調不良、精神的要因、ホルモン

の影響、代謝の影響など、様々な要因が

考えられます。

 

東洋医学的には、虚弱、冷え、湿気、

ストレス、疲れ、熱、乾燥などが、胃腸

のバランスを崩したり、機能を低下させ

ることで、食欲に異常が出ると考えます。

 

食欲不振+元気がない→脾胃気虚

雑穀米、山芋・オクラなどのネバネバ

食材などがお薦めです。

よく噛んで召し上がってください。

 

食欲不振+雨の日に身体が重だるい

→湿困脾胃

トウモロコシ、ハトムギ、豆類などを

食事に加え、飲酒、水分の摂り過ぎに

注意してください。

 

食欲不振・過食+ストレスが強い

→肝脾不和

気晴らしをするとともに、酸味の食材、

香味野菜、柑橘類、玉ねぎ、らっきょ

うなどを食事に加えてみてください。

 

過食+口臭・冷たい水を飲みたがる

→胃熱

アスパラガス、キュウリ、白菜、大根お

ろしなどを、数日続けて積極的に摂って

ください。

 

食欲のコントロールに苦慮していらっし

ゃる方は多いものです。

ご参考になればと思います。

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

January 6, 2020

December 30, 2019

December 23, 2019

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

November 8, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索