冷えると痛む

身体が冷えるとコリがひどくなったり、

関節の動きが悪くなったりします。

皆さま経験がおありではないでしょうか。

 

東洋医学においても、身体を冷やして

しまったことによる体調不良について

説明がなされていますので、ご紹介いた

します。

 

以前、病の原因となる環境的因子につい

てブログでご紹介したことがあります。

六淫の邪気といわれる風・寒・暑・湿・

燥・火の6つの邪気です。

 

冷えの原因となるのは、むろん”寒邪”

で、冬の主気となっています。

 

寒邪の特徴は、

 

①冷やすこと

当然といえば当然ですが…。

水っぽい鼻水や、薄い痰、水様性の下痢、

色の薄い尿がたくさん出る、なども冷え

の徴候とされています。

 

②滞らせること

”気”や”血”の巡りを滞らせたり、止めて

しまったりするので、強い痛みにもつな

がります。

お腹を冷やしたときの腹痛、コリや関節

痛の悪化など。

 

③ひきつれさせる・収縮させる

カゼの初期にみられるゾクゾクして汗が

出ない症状は、寒邪が皮膚を侵犯して

汗腺を収縮させていると考えられていま

す。

筋肉がつったり、関節がひきつるのも

寒邪の仕業です。

 

④臓腑に直接侵入する

通常、六淫の邪気は身体の表面から入り

徐々に深部に到達するのですが、寒邪は

ダイレクトに身体深部の臓腑を攻撃する

ことがあります。

これを寒邪直中(かんじゃじきちゅう)

といいます。

急な腹痛、嘔吐、下痢、生理痛などの

原因ともなります。

 

これらの特徴により、寒邪は様々な

体調不良を引き起こします。

 

前回の記事で冷え対策について書きまし

たが、単なる冷え症だけでなく、カゼを

引きやすい方、お腹を壊しやすい方、

脚をつりやすい方、肩こりや腰痛、五十

肩の治療中の方、生理痛が辛い方なども、

身体を冷やさないようにどうぞご注意な

さってください。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

June 17, 2020

June 9, 2020

April 30, 2020

Please reload

アーカイブ