圧迫骨折

高齢の方に多いのですが、背中が丸く

なって常に屈んでいるような状態になる

ことがあります。

 

急に身長が縮んだり、まっすぐ立とうと

しても立てなくなったり、背骨に痛みを

感じたりしたことがあれば、背骨を圧迫

骨折している可能性が高いです。

 

圧迫骨折は、背骨を構成している骨が

つぶれて変形する病気です。

 

高齢の方で、骨粗鬆症が進んでいる場合

は、物を持ち上げようとしたり、躓いた

りといった些細なきっかけで、圧迫骨折

を起こしてしまうことがあります。

 

複数の背骨が一気につぶれてしまうこと

もありますし、徐々に変形が進むことも

あります。

 

発症したときに強い痛みを感じることも

ありますが、半数以上の患者さんは、

無自覚に進行するといわれています。

 

痛みがなくとも、鏡で見たときに猫背が

強くなっているように感じたら、一度

病院で骨粗鬆症が進んでいないかどうか

調べてもらってください。

 

つぶれた骨は元に戻らないので、予防が

大切になります。

 

骨粗鬆症は骨量が減って骨がスカスカに

なる病気で、閉経後の女性に多くみられ

ます。

 

圧迫骨折を防ぐためには、骨の丈夫さを

保っていく必要がありますので、とくに

女性は、閉経後に骨量が減少することを

見越して、若いころからカルシウムやビ

タミンDなどの栄養素が不足しないよう

にし、適度な運動や日光浴を習慣にした

いものです。

 

骨粗鬆症の検査は、自治体の検診にも

含まれていると思いますので、節目節目

に受けて、数値によっては、生活習慣の

見直しに繋げましょう。

 

背骨の彎曲が大きくなると、背中や腰の

筋肉に負担が大きくなるので、コリや

張るような感覚が強くなり、苦痛に感じ

る方が多くいらっしゃいます。

 

鍼灸やマッサージで、骨に負担をかけず

に筋肉の血行を改善し、コリや張りを

除くのは可能ですが、背骨をまっすぐに

治すことは出来ないので、一時的な症状

の緩和にとどまることが多いです。

 

筋力や骨量が低下しないように、圧迫

骨折が進まないような方法で、運動療法

をしていただきつつ、苦痛が強い場合は

鍼灸やマッサージの治療を継続していき

ます。

 

背骨の変形が進み、生活に支障が出て

いる方や、運動の意欲がわかず、家に

閉じこもりがちになってしまっている方

がおられましたら、ご相談ください。

 

 

Please reload

特集記事

乾燥を防ぐ

November 8, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 16, 2019

November 8, 2019

October 25, 2019

October 19, 2019

October 11, 2019

October 7, 2019

September 27, 2019

September 20, 2019

September 14, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索