便秘と鍼灸

初めて当院にいらっしゃった患者様には

まず問診票に記入していただきます。

 

最もお辛いところは肩や腰など様々です

が、その他の症状として便秘を挙げる方

が多くいらっしゃいます。

 

これは自律神経が交感神経優位、つまり

臨戦態勢の緊張状態に傾いている方が

多いことを示しているのだと思います。

 

胃腸は副交感神経優位(リラックス状態)

にあるとき活発に動きます。

常に時間に追われていたり、緊張、スト

レスが強いと消化液の分泌や腸の蠕動運

動が弱まり、便秘、食欲不振、胃もたれ

などが起こりやすくなります。

 

また、朝食後など便意が起こりやすいタ

イミングというものがあり、そのときが

通勤途中だったりするとトイレに行けず

排便の機会を逃してしまうということも

あります。

 

便秘の定義は何日出ないかということよ

りも、患者様が苦痛を感じているかどう

かで判断されます。

1週間に一度しか出ないが、それが普通

になっており、お腹の張りもあまり感じ

ないという方は病院でも治療の対象にな

らないことが多いです。

 

肩や腰が良くなりましたら、今度は自律

神経を整えて便秘を解消するのはいかが

でしょうか。

 

当院で便秘の治療をする際には、東洋医

学的な鍼灸治療をお薦めしております。

 

脈や舌を診させていただき、問診などと

合わせて便秘の原因を特定します。

エネルギー不足(気虚)やストレス(気滞)

冷え(陽虚)、熱(陰虚)など原因は様々で

すので、それに伴う経絡のツボを使って

治療していきます。

治療が終わったときには”頭寒足熱”と

いう、いわゆる自律神経の整った状態に

なっています。

 

長年の便秘やストレスが強い場合は治療

の回数も多くかかってしまうのですが、

もし苦痛を感じておられるのであれば

ぜひご相談ください。

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ