頭痛について②

頭痛の治療として、筋筋膜性頭痛であれば

マッサージも効果的です。

ただ、長年慢性的な頭痛に悩んでいるような

方に対しては、一時的な症状緩和に止まって

しまうかもしれません。

 

肩こりの記事でも書いたのですが、筋肉が

硬くなる原因も様々です。根本的な治療を

するのであれば、「なぜそんなに身体がこる

のか」について、原因をお一人お一人個別に

探っていかなければなりません。

 

多く見うけられるものとしては、姿勢の悪さ、

特に”猫背”があります。スマートホンが普及

してからはことさらかもしれません。

 

頭痛、首の痛み、肩こり、眼精疲労、めまい

などの症状を同時に持つ方は多いのですが、

姿勢としてはうつむき加減で、首が前に出、

背中の弯曲が強くなり、肩が前に入っている

ケースがほとんどです。

これは上位交差症候群とも言われ、緊張して

筋肉が硬くなる部分と、緩んで筋力低下して

いる部分が交差するように現れています。

参照:blog.s-re.jp/7160/files/TYPE5.pdf

 

硬くなった筋肉をほぐしてストレッチし、

関節の動きを良くして位置を整えるまでは

治療でできるかもしれません。プラスして

ご自身でもぜひ弱くなってしまった筋肉を

継続的にトレーニングしてください。

 

片頭痛の場合は、鍼灸の全身治療をお勧め

いたします。

頭中心の施術だと、急に血管が開き、頭痛を

誘発してしまう可能性があるからです。

全身を整える重要なツボは腕や脚の末梢近く

にありますので、頭痛を治療するために手や

足に鍼を打つのは良くあることです。

 

頭痛は軽い痛みであっても生活の質を下げる

憂鬱な疾患です。

「あまり薬を飲みたくないな…」と思って

おられる方はどうぞご相談ください。

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ