冷えのぼせ

年末に近づき、だいぶ寒くなってきまし

たね。

身体が冷えてつらいという方も、多いの

ではないでしょうか。

 

一般的な冷え症のほかに、末端は冷える

が顔はほてるという、「冷えのぼせ」の

症状を訴える方もいらっしゃいます。

 

東洋医学的には、一般的な冷え症の場合

は、”寒邪”の侵入や”気”の不足、”陽”の

不足などを原因と考えます。

 

冷えのぼせの場合は、巡りの悪さやバラ

ンスの悪さが原因と考えます。

 

内臓に湿気が停滞していると、気の巡り

を邪魔してしまいます。

気が下りず、身体の上部に留まるとのぼ

せとなり、下半身には気が巡らずに冷え

となります。

 

冷えのぼせのほかに、むくみや下痢の

症状もありましたら、このタイプかも

しれません。

 

お腹を温め、暴飲暴食や脂っこいものを

控えて、水分補給も少し控え気味にして

みてください。

 

体内に血の滞りである”瘀血”がある場合

も、気の巡りを阻害して冷えのぼせが

あらわれることがあります。

 

生理痛やコリなどの痛みもあったり、

顔色や唇の色が暗く紫色がかっていたら

瘀血タイプの冷えほてりかもしれません。

 

軽い運動やお風呂で血の巡りを良くした

り、シナモンや紅花などの血の巡りを

良くする食品を取り入れることで、冷え

ほてりが緩和するかもしれませんよ。

 

このほか、心と腎のパワーバランスが

崩れたり、気を大きく消耗したときも

冷えのぼせが起こる可能性があります。

 

養生でなかなか改善しないときは、お気

軽にご相談ください。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ