インフルエンザと漢方

東京でもインフルエンザの流行注意報が

出ました。

すでに予防接種を済ませた方も多いと

思います。

 

インフルエンザウイルスの感染力は非常

に強いので、健康な人でも、身近にイン

フルエンザの患者さんがいた場合には、

罹ってしまう可能性があります。

 

とはいえ、免疫力を高めておくことに

越したことはありません。

睡眠や栄養をしっかりとり、流行の季節

に備えましょう。

 

インフルエンザウイルスは咳やくしゃみ

の飛沫で感染するか、手指を介して感染

することが多いので、予防法としては、

マスクの着用や手洗いが効果的です。

 

晴天続きの東京は湿度が低くなっていま

すので、お部屋の加湿をして気道粘膜の

潤いを保つことも必要です。

 

湿度を50%ほどに保つとウイルスの活性

が低下するという話しもありますが、

これは研究機関によって見解が異なる

ようです。

 

予防接種で防ぐことが出来ない場合も

ありますが、症状を軽減させることは

出来るといわれています。

 

予防接種については、体調や持病によっ

ては勧められないこともありますので、

必ず医師にご相談ください。

 

もし38℃以上の発熱に加え、悪寒、関節

痛、筋肉痛などが出ましたら、すぐに

病院を受診なさってくださいね。

 

鍼灸でカゼの治療をすることはあります

が、インフルエンザをすでに発症してし

まったケースは病院の管轄となります。

 

漢方ではインフルエンザの予防や治療に

板藍根(バンランコン)という生薬が

使われることがあります。

 

板藍根はアブラナ科のタイセイの根を

乾燥させたもので、清熱・涼血・解毒の

薬効があり、研究で抗ウイルス作用を

もつ物質が含まれているとわかりました。

 

煮出してお茶にして飲んだり、うがいに

使ったりすると良いようですよ。

漢方薬局で飴も売っているようです。

 

インフルエンザの予防に東洋医学を役立

ててみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Please reload

特集記事

新型ウイルス

January 28, 2020

1/1
Please reload

最新記事

February 22, 2020

February 10, 2020

February 4, 2020

January 28, 2020

January 21, 2020

January 6, 2020

December 30, 2019

December 23, 2019

Please reload

アーカイブ