”気”について

東洋医学において”気”という概念は

重要なものです。

 

簡単に気=エネルギーと言ってしまう

ことが多いのですが、実はいろいろな

種類や作用があります。

 

両親から受け継いだ遺伝的因子が”腎”

の作用で”先天の気”となります。

 

身体に取り込んだ空気は”肺”を、飲食

物は”脾”を通過した後で合わさり、

”後天の気”となります。

 

”後天の気”は”先天の気”を補い、

内臓や経絡などに分布して人体の正常な

活動を支えています。

 

気の作用は大きく5つに分けられ、

①人体を成長・発育させたり、血液や

 体液の流れを良くする

②体温を一定に保ったり、活動のエネル

 ギーになる

③病気を防ぐ

④出血や多汗、多尿などを防いだり、

 内臓の位置を固定する

⑤飲食物を代謝し養分と不要物に分ける

などがあります。

 

以前だるさの記事で”気虚”という言葉

を紹介しましたが、”気”が不足すると

だるさのみならず、病気に罹りやすく

なったり、身体が冷えたり、汗がダラ

ダラ出たりなどということが同時に

起こりうるのです。

 

また、”気”は生きている限り絶えず動い

て全身を巡っています。

気の巡りが滞ったり、逆行したりしても

様々な体調不良が発生します。

 

これらのような病態に対しては”気”を

補ったり、”気”の巡りを良くすること

が治療となります。

 

鍼灸師は対応する経絡やツボに鍼や灸を

することで治療しますし、薬剤師は漢方

を処方することでこれを成します。

 

”気”を補う食材や”気”の巡りを良く

する食材もありますし、必要な養生を

含めてお勧めすることもあります。

 

現代では自律神経の失調としか言えない

ような症状に東洋医学が対応できるのは

”気”の概念あってこそだと思います。

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ