生活習慣と東洋医学

糖尿病や高血圧、癌や脳卒中、心臓病

など、多くの病気の発症や進行に生活

習慣が大きく関わっていることはよく

知られています。

 

千年前に書かれた医書『三因極一病証

方論』でも生活条件によって起きる病

について述べられており、内因でも

外因でもない、不内外因と呼ばれて

います。

 

飲食の不摂生については、まず量が

少なすぎても多すぎてもダメで、

生ものや冷たいもの、不衛生なもの、

味の濃いもの、脂っこいもの、飲酒

などについて、摂り過ぎたときの害が

述べられています。

 

また、酸・苦・甘・辛・鹹(塩辛い)と

いう味のバランスや、熱・温・平・涼・

寒という身体を温める性質の食べ物と

冷やす性質の食べ物のバランスを考えて

摂ることを勧めています。

 

飲食以外にも、過度の労働や精神疲労、

過度の性生活、打撲や捻挫などの外傷、

寄生虫、冷暖房などが病気の原因になり

うると指摘されています。

 

生活習慣病が社会問題になっている現代

において千年前の書物から学ぶことは

いまだ多く、東洋医学の役割も人の歴史

が続く限り廃れることはないのでしょう。

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ