低気圧と消化不良

西日本では記録的な大雨となっている

ようです。

東京も、昨日は降ったり止んだりの雨と

強風で、蒸し暑くとも窓が開けられない

状況でした。

このような日は、東洋医学的には湿邪に

遭遇しやすく、脾胃(胃腸)の調子が落

ちてしまいやすいのですが、私も昼食を

摂ったあとくらいから、すこし胃が重い

ような感じがしました。

舌を診ると、”膩苔(じたい)”といわれ

る、バターのようにねっとりとした苔が

ついています。

同時に脚のむくみが強くなり、胃が下に

引っ張られているような重い痛みととも

に、横になりたいようなだるさが出てき

たので、自分で治療することにしました。

”足の太陰脾経”という経絡上にある、

太白、陰陵泉という経穴にお灸をし、

”足の陽明胃経”という経絡上にある、

足三里、豊隆、衝陽という経穴に鍼を

しました。

参照:https://www.ou-hari.com/keiraku.html

治療後、胃のあたりが軽くなり、脚の

むくみ感もなくなりました。

暴飲暴食や、お腹を冷やすこともして

いなかったのですが、どうして脾胃に

隙ができて、湿邪を侵入させてしまった

のかと考えると、おそらく水の飲みすぎ

だろうと思い当たりました。

蒸し暑かったので、わりとひっきりなし

に常温の水を飲んでいたのです。

熱中症予防以前に、一日何リットル飲ん

だ方がよい、と推奨されることがありま

すが、水分摂取の適量は、人や状況に

よって変わります。

食事の前に水を飲み過ぎると、胃酸が

薄まって消化不良になったり、食欲が

落ちたりすることもあります。

わたしはただでさえ湿邪が猛威を振る

っているような気候の日に、脾胃の

調子を落とすようなことをしてしまっ

たため、症状が出たのですね。

普段から胃腸の具合に心配がある方は、

低気圧がきている日は、いっそう気を

つけてみてください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now