腰痛について②

 

腰痛の鍼灸マッサージ治療は、

解剖学的に筋肉や骨格、神経などを

ターゲットとして治療する場合と、

東洋医学的な考え方のもとに

治療する場合があります。

 

鍼を打つと、その周囲の毛細血管が

開いて組織の血行が良くなります。

また、エンドルフィンという物質が

脳内に放出されることで痛みを抑制

する作用もあります。

 

血行不良のため組織に老廃物が溜まり、

痛覚を刺激しているタイプの腰痛では、

その組織(筋肉や椎間関節など)を

適切に刺激することで痛みを緩和する

ことが出来ます。

プラスして筋膜の連結の観点から

下肢の治療も加えていきます。

 

また、東洋医学的には腰と関係の深い

腎臓のエネルギー(気や精)を補う

治療が効果的です。

腰痛の患者さんの腰を触診すると、

張りがなくぐにゃりと軟弱なケースが

あります。そういったときには、

お灸を使うと鍼以上の効果が上げられる

こともありますよ。

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ