むちうち症

自動車で追突事故に遭ったり、格闘技や

ラグビーなどの衝撃をともなうスポーツ

で、むちうち症になる方がいらっしゃい

ます。

 

急激に負荷がかかったことで、首が鞭の

ようにしなり、筋肉や靭帯、神経などを

傷めてしまう疾患で、その症状は、痛み

のほかにも、首が動かせなくなったり、

ひどい肩こりや、めまい、吐き気、腕の

しびれ、目のかすみなど、多岐にわたり

ます。

 

首は重い頭を支えているので、不自然に

揺れただけでも強い負荷がかかり、組織

を傷めやすいのです。

 

むちうち症の症状は、ケガのあとすぐに

は感じられず、数日ほど経ってから出て

くることも多いです。

事故直後はアドレナリンなどの興奮作用

で、痛覚が麻痺していると考えられて

います。

 

交通事故に遭われた方は、そのときは

まったく問題なくても、念のため加害者

の連絡先を聞いておいたり、万一症状が

出てきたら、すぐに整形外科で診察を

受けられることをお勧めいたします。

 

むちうち症には頸椎捻挫やバレ・リュー

症候群、神経根症、脊髄損傷、脳脊髄液

減少症などが含まれ、詳しい診断に即し

て治療がなされていきます。

 

数週間で症状が改善する場合もあります

し、数カ月かかる場合もあります。

 

すべての症状がなくなることもあるので

しょうが、後遺症が残ることも多いです。

 

鍼灸院にご相談が多いのは、首のケガを

さかいに、それまではなかった、ひどい

肩こりや首こり、頭痛、目の疲れが慢性

になってしまった、というようなもの

です。

 

ケガが治ったあとも、何年、何十年の

単位で後遺症が残ることもあり、その

原因は、レントゲンやMRIで調べても

わからないことが多いです。

 

ケガをしたときに、首を通る交感神経が

傷ついて自律神経のバランスが崩れ、

頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気、眼精疲

労などの原因となることがあり、バレ・

リュー症候群と呼ばれます。

 

鍼灸は自律神経のバランスを正常化する

効果が高く、バレ・リュー症候群の治療

にもよく使われます。

 

また、筋肉の血行を良くしたり、頸椎の

動きを改善する治療を加えることで、

症状を緩和させていきます。

 

傷あとに瘢痕組織が大きく残ってしまっ

ている場合は、元通りに治すのが大変

難しくなります。

生活の質を落とさないため、定期的な

ケアが必要かもしれません。

 

病院で「治りました」と言われたがいま

いちスッキリしない、という方は、鍼灸

や整体も、ぜひお試しになってみてくだ

さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

November 8, 2019

October 25, 2019

October 19, 2019

October 11, 2019

October 7, 2019

September 27, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索