手指の痛みについて

手首や手指に痛みやこわばり、しびれや

動かしづらさを感じておられる方は多い

ものです。

 

手を使うたびに痛みが走るようだと日常

生活に支障が著しいため、すぐに病院を

受診された方も多いのではないでしょう

か。

 

原因はさまざまであろうと思います。

腱鞘炎

手根管症候群

肘部管症候群

頸椎症

へバーデン結節

関節リウマチ など

 

腱鞘炎は腕や手指をよく使う人に起こり

やすい疾患です。

手首や手指では腱鞘という組織のトンネ

ルの中を筋肉の腱が通過するような構造

になっているのですが、何度も行き来す

るうちに炎症が起こって痛みやこわばり

が発生するのです。

手を握って開くときに腱が引っかかって

指が伸ばせなくなる"ばね指"もこの一種

です。

更年期や妊娠中出産後の女性にも多く、

女性ホルモンの関与も示唆されています。

 

手根管症候群や肘部管症候群は、神経が

靭帯の下を通過するときに何らかの圧迫

を受け、その神経が支配する手の部分に

ビリッというしびれや、筋力の低下が

起こってしまうものです。

 

腕や手を支配する神経は背骨の首の辺り

から出ているので、ヘルニアや骨のつぶ

れでこの部分が圧迫されても手の違和感

につながることがあります。

 

へバーデン結節というのは指の第一関節

が変形し、曲がってしまうものです。

中年以降の女性に多く、メジャーな疾患

でありながらいまだに原因は不明です。

 

関節リウマチは膠原病という全身疾患

です。手の症状はその表れの一つで、

両手や両足の指が左右対称に腫れて朝

こわばるようなことがありましたら、

検査を受けてみてください。

リウマチでなくとも更年期の女性で朝

手指がこわばるという症状を訴える方

もおられます。

 

鍼灸院に相談が多いのは整形外科疾患に

よる手指の痛みですが、関節リウマチを

鍼灸や漢方で緩和させる方法もあります。

 

病院での治療で経過が思わしくないとき

は、鍼灸という選択肢もありますよ。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

November 8, 2019

October 25, 2019

October 19, 2019

October 11, 2019

October 7, 2019

September 27, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索