坐骨神経痛について

腰よりも、お尻のあたりや太ももの後ろ、

ふくらはぎなどに痛みやしびれを感じる

のであれば、坐骨神経痛かもしれません。

 

坐骨神経は太くて長い神経で、背骨の

腰の部分から始まり、枝分かれをしながら

足の先まで広く分布しています。

 

坐骨神経痛の原因は様々です。

ヘルニアや骨のつぶれなどで、腰椎から

出る神経根が障害を受けても脚の痛み・

しびれにつながりますし、臀部の筋肉に

圧迫されることでも、同様の症状が出る

可能性があります。

長時間脚を組んで座っていたら、上に

していた脚の、膝から下がしびれて痛む

という訴えもあります。これは膝の裏で

坐骨神経の枝が圧迫されたことによる

症状です。

 

神経の圧迫が一時的なものでしたら、

治療せずともすぐに回復するだろうと

思います。

ただ、長期にわたり神経の圧迫を放置

していると、痛みやしびれだけでなく

筋肉が痩せてくることがあります。

 

坐骨神経痛があるほうの脚の太ももが、

無いほうと比べて、細くなってきている

ようであれば、原因によっては手術が

必要かもしれません。

 

いずれにしても、坐骨神経痛と思われる

症状がありましたら、一度整形外科で

診察してもらうことをお勧めいたします。

 

飲み薬や湿布、牽引、電気療法などで

良くならない場合は、ぜひ指圧マッサージ、

鍼灸、骨盤調整、運動療法などもお試しに

なってみてくださいね。

 

 

Please reload

特集記事

新型ウイルス②

February 29, 2020

1/1
Please reload

最新記事

March 27, 2020

March 14, 2020

February 29, 2020

February 22, 2020

February 10, 2020

February 4, 2020

January 28, 2020

January 21, 2020

Please reload

アーカイブ