子宮筋腫

子宮筋腫は、子宮を形作っている平滑筋

という組織に発生する良性の腫瘍です。

 

30代以上の女性の2~3割が罹患してい

るといわれています。

顕微鏡で見なくてはわからない大きさの

ものを含めると、7割以上の女性に発生

していると考えられており、女性にとっ

ては非常にメジャーな疾患です。

 

約半数の方は子宮筋腫があっても無症状

で、婦人科の検診を受けたときに偶然見

つかることも多いようです。

 

症状としては、

・月経のときの出血が多い

・生理痛がひどい

・下腹部や腰に圧迫感がある

・膀胱を圧迫して頻尿になる

・腸を圧迫して便秘になる

・尿管を圧迫して腎臓を傷める

・不妊の原因になる

 

これらのようなことが起こりうると考え

られます。

 

子宮筋腫は、発生する子宮内の場所の

違いによって数種類に分類され、出やす

い症状や対処法に違いがあります。

 

また、筋腫はひとつだけでなく、複数、

いろいろな場所に同時に発生することも

あります。

 

大きさも様々で、成人の握りこぶし大を

超える大きさになると、自覚症状として

圧迫感を感じることが多くなります。

 

生理のときの出血が多くて貧血が治らな

いとか、生理痛がひどくて生活に支障が

出ている、下腹部が絶えず重く慢性的に

便秘や頻尿がある、なかなか妊娠しない

などというようなことがありましたら、

婦人科で検査を受けてみてください。

 

また妊娠には支障なくても、筋腫が妊娠

中・出産時のトラブルにつながることも

ありますので、これからの妊娠を希望さ

れている方も、一度検査を受けてみられ

てはいかがでしょうか。

 

治療は症状の強さや、出産の希望がある

かどうかなどを加味して決められます。

治療を必要としない場合もあるでしょう

し、医師から薬や手術を勧められること

もあるだろうと思います。

 

いずれにしても、本当にありふれた疾患

なので、なんだかおかしいな…と感じた

ら、我慢しすぎずに、早めに医療を頼っ

てくださいね。

 

東洋医学では、子宮筋腫は血の巡りの

悪さをあらわす病理で、瘀血(おけつ)

ともいわれます。

 

生理痛の強さや、経血にレバー状の塊が

混じる、顔色や舌が紫がかっているなど

のことが指標になります。

 

子宮内の血流を良くしていくことが対処

法となります。

 

デスクワークの方で、一日中座っている

ことが多いときは、骨盤内臓の血流もだ

いぶ滞っていると考えたほうがよいかも

しれません。

 

ひと駅分のウォーキングや、ストレッチ

などをして血行を促進しましょう。

お風呂は湯船につかってよく温まるのが

お薦めです。

身体を締めつけたり冷やすと血行が悪く

なりますので、服装や冷たい食品、生も

のの摂りすぎにご注意ください。

 

シナモンはお腹を温め、生理痛を軽減さ

せる働きがあります。

スパイスとして使ってみてはいかがでし

ょうか。

シナモンは漢方の生薬でもあり、桂皮と

もいわれます。妊娠中の方は摂りすぎな

いようにお気をつけください。

 

 

Please reload

特集記事

乾燥を防ぐ

November 8, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 16, 2019

November 8, 2019

October 25, 2019

October 19, 2019

October 11, 2019

October 7, 2019

September 27, 2019

September 20, 2019

September 14, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索