月経前症候群(PMS)①

月経のある女性の半数以上が、月経前に

なんらかの不調を感じているそうです。

月経前症候群とは、月経前の3~10日

間続く精神的・身体的症状で、月経が

始まると治まるものをいいます。

症状はさまざまで、イライラ、不安感、

ボーっとする、過食、だるさ、腹痛、

頭痛、むくみ、お腹の張り、胸の張り、

便秘、肌荒れなどがあります。

とくに精神的な症状が強い場合には、

月経前不快気分障害(PMDD)といわ

れるときもあります。

月経前症候群の原因は解明されていませ

んが、月経前に分泌が増加する黄体ホル

モンの影響が考えられています。

黄体ホルモンは、排卵のあと子宮内膜を

厚くし、卵子が受精した場合に、着床し

やすい環境を整える作用があります。

黄体ホルモンが分泌されている月経前は

妊娠初期に似た状態になっているという

ことです。

流産のリスクを抑えるため子宮の動きが

抑制される→直腸の動きも抑制し便秘に

乳腺が発達する→胸の張りに

体温上昇・皮脂量が増加する→肌荒れに

胎児を成長させるエネルギーを摂取しよ

うとする→過食に

ホルモンバランスの激変から自律神経が

乱れる→感情の起伏が大きくなる

などの関連が示唆されています。

妊娠に備えた人体の正常な反応ではあり

ますが、毎月のように疑似妊娠のような

不快な症状に襲われるのは、お仕事にも

差しつかえる可能性もあり、憂鬱なもの

ですね。

イライラして人に当たってしまっても、

すべてはホルモンのなせる業。

あまり自分を責めてはいけません。

対処法や治療については、次回書いてい

きます。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now