合谷の効能

ツボの効能シリーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合谷(ごうこく)は”手の陽明大腸経”と

いう経絡に属しているツボで、両手の

甲の、親指と人差し指のあいだ、人差し

指寄りのところにあります。

 

親指と人差し指を閉じると、筋肉の盛り

上がりが現れると思いますが、その真上

で、押すと響くような痛みを感じるとこ

ろです。

 

合谷は大腸につながる経絡上のツボでは

ありますが、消化器系にとどまらず、幅

広い効能を持っています。

 

①カゼ

初期のゾクゾクするような症状にも、そ

の後の発熱にも効果があります。

カゼを鍼灸で治療するときは大椎や風池

といったツボと組み合わせて使うのです

が、ご家庭では、カゼの初期に身体を

よく温めながら合谷を指圧してみてくだ

さい。苦痛が緩和したり、カゼの治りが

早くなるはずです。

身体の表面を巡って外邪の侵入を防いで

いる”衛気”を補う作用もありますので、

カゼを引きやすい方は予防にもお使いく

ださい。

 

②痛みを止める

合谷は止痛に効果のあるツボとして知ら

れています。

頭痛や歯痛、腹痛、生理痛、寝違えや

ギックリ腰などの痛みの緩和に使われる

こともあります。

覚えておくと、緊急時に便利かもしれま

せんね。

 

③便秘や胃もたれ

消化器系の気の滞りを解消する作用が

あります。

ストレスから胃腸に不具合が出ている方

にも。

 

④ほてり

頭部に上がりすぎた熱を冷まします。

ほてり、目の充血、顔が赤くなる、イラ

イラ、赤ニキビなどの緩和にも。

 

⑤顔面の症状全般

合谷は”四総穴”といわれる重要なツボの

うちの一つで、『面口は合谷に収む』と

いう言葉があります。

お顔の症状は合谷を使って治療しましょ

う、というような意味です。

眼病、鼻づまり、肌荒れ、歯痛、顔面神

経麻痺など、様々な症状に使われます。

 

ご注意なのですが、合谷で歯の痛みを

止めることはできるかもしれませんが、

虫歯が治るわけではありませんので、痛

みを止めた上で、必ず歯医者さんに行っ

てくださいね。

 

合谷は押しやすいツボでもあるかと思い

ますので、ぜひご活用ください。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ