不妊症と鍼灸②

女性不妊症の鍼灸治療は、基本的には

他のすべての疾患と同じように、

患者様の体質や原因と思われる邪気の

種類を診て、それに対応した経絡・経穴を

使っていくのですが、特別に、

「周期療法」というものもあります。

女性には月経周期があり、正常であれば

低温期→排卵→高温期→月経→低温期…

という流れになります。

低温期:陰を補う

排卵期:気の巡りを良くする

高温期:陽を補う

月経期:血の巡りを良くする

このように周期によって治療穴を

変えることで、基礎体温が2層性を

示すように手助けしていきます。

多嚢胞性卵巣で排卵しづらい体質の方、

黄体機能不全で高温期の体温上昇が

不安定な方などは、ぜひご相談ください。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now