関節ねずみ

関節が痛む原因はたくさんありますが、

あるとき急に、関節にロックがかかった

ように、曲げるまたは伸ばす動作が出来

なくなり、無理に動かそうとすると痛む

というようなことがありましたら、それ

は”関節ねずみ”といわれる状態かもしれ

ません。

 

関節ねずみは、関節内遊離体ともいわれ

ます。

 

なんらかの理由で軟骨の一部がはがれて

しまい、関節の内部を満たす液体のなか

をフワフワと漂うことがあるのです。

 

関節の蝶番のところにカケラが挟まり込

むと関節にロックがかかり、それ以上動

かせなくなります。

 

症状が固定することもありますし、カケ

ラの位置が変わるたびに症状が出たり消

えたりする場合もあります。

 

私は肘と膝のケースを診たことがありま

すが、ほかにも股関節や顎関節など、ど

の部位の関節にも起こりうるようです。

 

関節ねずみが発生する原因は様々です。

 

スポーツや関節の変形などによる、繰り

返しの軟骨への負荷や、転倒などによる

急激な負荷、関節の病気によるもの、

などがあります。

 

治療は、保存療法(負荷の軽減)、飲み

薬、内視鏡などの手術があります。

 

鍼灸院にもご相談されることがあるの

ですが、完全に関節にロックがかかって

いる場合には、鍼灸での改善は難しいと

思われますので、整形外科受診をお勧め

いたします。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ