生理痛に効くツボ

生理痛でお困りの女性は多いと思います。

 

プロスタグランジンという物質が月経期

に子宮を収縮させ、経血を子宮のそとに

排出する役割をするのですが、この物質

の分泌量が多いと子宮の収縮が強くおこ

り、下腹部の痛みを誘発するといわれて

います。

 

また、痛みに対する感受性を高める作用

もあり、月経期の腰痛や頭痛に関与して

もいるようです。

 

子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科疾患

が、ひどい生理痛や出血過多の原因と

なることもありますので、日常生活に

支障をきたすほどの症状がある場合には、

ぜひ病院で診察を受けてみてください。

 

月経は病気ではなく、身体の正常な営み

なので、痛みやだるさなどの体調不良は

ともなわないのが普通です。

 

生理痛がある=身体が万全ではない、と

考えてください。

 

普段から、疲労やストレスが溜まりすぎ

ないようにケアしたり、適度に運動した

り、身体を冷やさないように気をつけた

りすると、生理痛を軽減できるかもしれ

ません。

 

生理痛がひどいときは、下腹部や、腰の

下の仙骨という逆三角形の骨の上を温め

てください。

 

それでも良くならないときは、婦人科

疾患によく使う三陰交(さんいんこう)

というツボがあります。

 

足首の内くるぶしから、手の指を4本

たばねた長さの分、上にあるくぼみで、

骨のきわにあります。

 

ここを揉みほぐしたり、温めたり、お灸

を買ってすえたりすると、生理痛の緩和

が見込めますよ。

 

なおこのツボは、妊婦さんはあまり刺激

しないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

冷え対策

November 25, 2019

1/1
Please reload

最新記事

January 28, 2020

January 21, 2020

January 6, 2020

December 30, 2019

December 23, 2019

December 6, 2019

November 25, 2019

November 16, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索