熱中症対策

だいぶ気温が高くなってきました。

熱中症にお気をつけください。

今年は例外的に、暑いなかでもマスクを

しなければならない機会が多いです。

吐く息とともに体熱を放出して、体温を

下げるという身体の機能が、うまく働か

ない可能性があります。

ソーシャルディスタンスをとることが

できる環境ならば、適宜マスクをはずし

て涼みましょう。

そのほか一般的なことですが、

・喉の渇きを感じる前に、こまめに水分

 補給をする

・汗をかいたときは塩分などのミネラル

 も補給する

・適宜冷房を使う

・睡眠不足を避ける

・栄養をしっかり摂る

・過労を避ける

このようなことにも気をつける必要が

あります。

とくに高齢の方は、暑さを感じる感覚や

喉の渇きの感覚が鈍くなっている可能性

があります。

室温が30℃を超えていても窓を閉め切っ

ていたり、寒いからと冷房を使わなかっ

たり、トイレが近くなるため水分補給を

控えてしまうことなどが、よく聞かれま

す。

熱中症になる方の5割以上が室内で発症

されているとのデータもありますので、

ご家族に高齢者がおられる方は、うるさ

がられたとしても、積極的に注意喚起を

する必要があるかもしれません。

具合が悪くなってしまい、涼しいところ

で休んでも汗が止まらず、虚脱感が回復

しないときや、意識が朦朧として水分や

ミネラルを摂れないときは、すぐに医療

機関に連絡しましょう。

今はまだコロナ禍の渦中です。

熱中症で救急搬送されても、まずは感染

症との鑑別が行なわれることでしょう。

医療を圧迫しないよう、例年以上に熱中

症の予防には気をつけたいものですね。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now