梅雨時の養生

治療院の近くに三河稲荷という神社が

あります。

徳川家康公ゆかりの神社で、こぢんまり

としていながら綺麗に整備されています。

 

その神社の境内に、今朝アジサイが咲き

始めているのを見つけました。

 

きっと梅雨入りも近いのでしょうね。

 

東洋医学的な梅雨時の養生は、身体に

湿気をため込まないようにすることです。

 

蒸し暑い季節になりますが、お風呂に

しっかり入って身体を温めたほうが湿気

は抜けます。

 

あと、胃腸の調子が低下すると湿気を捌

く力が低下するので暴飲暴食や生もの・

冷たいものの食べ過ぎにはお気をつけく

ださい。

お腹を温めるネギやショウガ、利尿作用

のあるしじみや空豆などはお薦めです。

 

湿の邪気が入ると、身体が重だるくなっ

たり、脚がむくんだり、食欲が出なくな

ったり、便の臭いが強くなったりします。

 

お身体の状態を観察して、心当たりが

ありましたら、ぜひ養生なさってみて

くださいね。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

June 17, 2020

June 9, 2020

April 30, 2020

Please reload

アーカイブ