突き指

学生時代のバレーボールや野球などで

経験された方も多いかと思います。

 

突き指は、指のケガの総称です。

 

手指になんらかの衝撃が加わったあとで

強く痛み、患部が腫れて指が曲げられ

ない症状が出ましたら、突き指です。

 

応急処置としては、患部を冷やします。

可能であれば包帯やテーピングで圧迫、

固定し、早めに整形外科を受診しましょ

う。

 

突き指をした患部は、靭帯を傷めている

場合もありますし、腱が断裂している

こともありますし、脱臼や骨折の可能性

もあります。

 

軽く考えて適切な処置を怠ると、後々

まで指が曲がりづらくなってしまうとか、

痛みが長引くといったことが起こりかね

ませんので、どうぞご注意ください。

 

突き指の民間療法として、指をひっぱる

というものがありますが、悪化する恐れ

が高いので、おすすめ出来ません。

 

ご自身のケガだけでなく、お子さまが指

を傷めた際のご参考にもなさってくださ

い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ