ダイエットと鍼灸

以前ダイエットのメニューがある鍼灸院

で働いていたことがあります。

背部に"走罐・抜罐"という吸い玉とオイ

ルを使った施術をし、腹部や太ももの

皮下脂肪に対して"脂肪揉み出し"という

強めのオイルマッサージをし、低周波や

高周波の機械をかけた上で、鍼灸の全身

治療と耳鍼もするという、なかなかヘビ

ーな刺激量のメニューでした。

皮下脂肪は内臓脂肪よりも害は少ないと

考えられていますが、内臓脂肪よりも

代謝されづらい組織で、ここまでしても

外部からの刺激だけで減らすというのは

難しい印象でした。

結局、"カロリー制限と運動"はセルフ

ダイエットでもライザップでも必須と

なります。

年齢とともに基礎代謝量は低下しますの

で、食欲があっても徐々に食事の量や

内容は考える必要があるかもしれません。

運動をして消費できるカロリーは意外と

少ないのですが、筋肉をつけると代謝量

が増えます。

筋肉痛が起こるくらいの少し負荷の大き

な運動をして筋肉をつけるのはダイエッ

トに有効なのです。

その際、専門知識を持つ協力者がいるの

はモチベーションの維持やケガの予防に

なるだろうと思います。

食事制限や運動をしてもうまくいかない

場合は治療の出番かもしれません。

甲状腺ホルモンが出づらくなる病気では

代謝が低下しますので病院での治療が

必要です。

鍼灸では、過食も食欲不振も肥満も痩せ

も内臓の不調であると考えます。

ストレスからの過食であれば"肝"の失調、

飲酒や脂っこいものの食べ過ぎ、または

水を飲んだだけでも太るというものは

"脾胃"の失調です。

"気滞"や"食滞"、"痰飲"などの身体の

滞りを解消しておくと、ダイエットの

効果は出やすくなると思いますよ。

タグ:

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

​070-3976-7374

Tel
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now