加齢に伴う症状

いつまでも若く健康でいたいと思うのが

人情であろうと思います。

とはいえ、加齢にともない少しずつ身体

が老化していくのを、誰も止めることは

できません。

 

・軟骨がすり減る

・皮膚にしわができる

・皮膚が乾燥しやすくなる

・白髪が増える

・老眼になる

・耳が聞こえづらくなる

・生殖能力がなくなる

・代謝が低下する

・運動能力が低下する

・感覚が鈍くなる

・免疫の能力が低下する

・思考力が低下する

 

徐々にこれらの変化をきたしていくのは

自然なことだと考えられており、現代医

学においてはほぼ打つ手がなく、治療の

対象にもされないことがあります。

 

治療を希望される場合は、いま盛んに研

究が行なわれている再生医療の実用化を

待つ必要があるでしょう。

 

いっぽう東洋医学は、どうにかして老化

をくい止めようと、数千年もの時間をか

けて研鑽を重ねてきました。

 

もちろん、老化をストップさせることは

不可能なのですが、過労や心労、ご病気

などによって実年齢よりも老化が進んで

しまった方を、年相応まで若返らせるこ

とは可能だったりします。

 

また、老化を緩やかにしたり、美しく健

康的に年齢を重ねていけるように、多く

の養生法や漢方薬、ツボなどが開発され

てきました。

 

高齢化が進む日本において、東洋医学の

知識を生かさない手はないだろうと思い

ます。

 

つらい症状が出始めたときに、「もう歳

だからしょうがない…」と思うと改善の

きっかけを逃してしまいます。

 

アンチエイジングに強い東洋医学につい

て、勉強してみてはいかがでしょうか。

 

図書館にも薬膳や養生法に関する書籍が

置いてあると思います。

 

また、インターネットで「腎虚」や「補

腎」というワードで養生法を検索すると

アンチエイジングに関する東洋医学的な

情報が得られると思いますよ。

 

漢方を使ってみようという方は、漢方薬

局や、漢方に造詣の深い医師をお尋ねく

ださい。

 

鍼灸を試してみたい方は、東洋医学的な

鍼灸治療を行っている院を選んでみてく

ださい。

 

老化は人類にとって、古来より悩みの種

でした。

それをなんとか解決しようと奮闘してき

た人々の知恵の結晶を、実生活に役立て

てみませんか。

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

June 17, 2020

June 9, 2020

April 30, 2020

Please reload

アーカイブ