膻中の効能

ツボの効能シリーズです。

 

膻中(ダンチュウ)は、『任脈』という

奇経に属するツボです。

 

左右の乳頭を結んだ線の中点あたり、胸

の真ん中の骨の上にあります。

 

軽く押して痛むようであれば、すこし

ストレスが溜まっているのかもしれま

せん。

 

膻中は、気の巡りをスムーズにしたり、

身体の上部に昇り過ぎている気を降ろす

作用があります。

 

具体的には、イライラや鬱々、胃酸の

上昇、吐き気、ゲップ、しゃっくりなど

の緩和に効果的です。

 

鍼灸治療では、ほかのツボと組み合わせ

てストレスを原因とする症状全般に使う

ほか、カゼで熱や咳、痰が出るときや、

喘息で呼吸が苦しいときにも使用します。

 

胸の真ん中にある縦長の骨を胸骨といい

ます。

ご自身では、胸骨の上の膻中のあたりを

上から下に撫でながら、ゆっくりと呼吸

してみてください。

 

気持ちを落ちつけたいときや、胸がムカ

ムカするとき、咳や喘息で苦しいとき

などに、試してみてくださいね。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

コロナと鍼灸

April 30, 2020

1/1
Please reload

最新記事

April 30, 2020

March 27, 2020

March 14, 2020

Please reload

アーカイブ